子供が生まれて、何がビックリしたのは子供の予防接種の多さでした。
子供は、生後2か月を過ぎる頃に母親からもらった抗体が減少しはじめるので、色々な感染症にかかりはじめるそうです。

知りませんでした。

「0歳の子に注射って」 と思うと同時に、男親としてじゃその必要性など事前に知識もなく、全く想定していませんでした。

現実に0歳から接種しはじめると、その接種する順番や、予防接種ごとに摂取する期限など複雑さに驚きました。
兎に角、毎週、毎月、いつも神経を尖らせて、主治医の小児科の予約にテンテコ舞いしていたと覚えております。

そこで、かねてからやりたかった備忘録として整理しました。

主な予防接種

0歳

  • Hib(ヒブ)ワクチン
  • 小児用肺炎球菌ワクチン
  • B型肝炎ワクチン
  • ロタウイルスワクチン
  • 4種混合ワクチン(DPT-IPV)・2種混合ワクチン(DT)
  • BCG
  • 1歳

  • MR(麻しん風しん混合)ワクチン
  • 水痘(みずぼうそう)ワクチン
  • おたふくかぜワクチン
  • 3歳

  • 日本脳炎ワクチン
  • 中学1年生女子

  • HPV(ヒトパピローマウイルス)ワクチン
  • スケジュール

    ワクチン接種回数は、半年間で15回以上にもなります。
    詳細は主治医の小児科で確認が必須です。

    同時接種について

    同時接種とは、2種類以上の予防接種を同時に接種することです。
    ちょっと心配になることで、複数のワクチンを同時に接種によってそれぞれのワクチンの有効性等ですが、有効性に影響は無く、副反応の頻度が上がることは無いようです。

    同時接種のメリット

  • ただでさえ複雑な予防接種です、同時に複数ワクチンで接種忘れが少なくなる。
  • 同時に複数のワクチンを接種するので、その分感染症から早期に守られる。
  • 我々保護者の負担の軽減
  • コストについて

    住んでいる自治体によって、無料であったりします。神戸市は事前にチケットみたいなものが配布せれていて、ほどんどが無料だったと記憶しております。
    しかし、任意接種は数千円かったものもあったと思います。
    詳細はお住まいの自治体などにお問い合せください。

    ご留意⇒大切なこと

  • アプリなどを使用して、マイ予防接種スケジュールを作成すること
  • 接種できる時期がきたら、可能な限り早めに受診すること
  • ワクチンによって接種できる月齢や回数・接種間隔が異なるので事前に確認すること
  • 自治体によって個別接種や集団接種など接種方法が異なるワクチンがあるので確認すること
  • 接種が任意の場合でも助成をする自治体があるので確認すること
  • スポンサーリンク